探偵社長

maxart.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 24日

携帯電話と浮気の関係

先日、英国の調査で明らかになったところによると英国では既に携帯電話は1人に1台以上が普及しており、携帯電話が浮気の引き金になっているという調査結果が出たそうです。

英国だけではなく、日本でも恐らく同じことが言える思いますね。

大抵の場合、浮気調査のご依頼人の方が最初に夫や妻の行動が怪しいと感じたときには、まず最初に携帯電話を自分で調べてみるとおっしゃっています。

携帯電話のメールの履歴
携帯電話の通話の相手

などはカンタンに表示させることが可能なために、浮気に対して特に警戒が無い段階では比較的に浮気を発見しやすいのでしょう。

ただ、ロックをかけたり指紋認証システムを使用していたりして携帯を見ることが出来ないというケースも現れており、個人の秘密を守ることが大切なのか、それとも、家庭を守ることが大切なのか、意見の分かれるところでもあります。

よくあるのは、浮気をしていた側が携帯電話を見られたことで浮気が発覚し、携帯電話を盗み見したのはプライバシーの侵害に当たるので慰謝料を支払わないと開き直ってしまうことです。

先ほども言いましたように、この論議は、意見の大きく分かれるところでも有り何が正しいのか?司法も判断をしかねているようですが、ただ一つ言えるのは、慰謝料と言うのは、浮気をされた結果、精神的な苦痛を負ったために支払ってもらう金額というのが、一般的法律解釈にあたりますので、プライバシーの侵害行為とは法的に別物であります。

ですから、携帯を覗き見したので慰謝料はもらえないという事はありません。
覚えておきたい法律知識です。

■携帯電話を見てしまうことは、一部仕方の無いことと言えます。

しかし。。。。

携帯電話の情報を得ることができるから調査がうまく行くというものではありません。
意外にも、携帯で常に情報を得ることが出来る立場にある人の方が、情報に振り回されやすいという結果が私の感想です。

なぜなら。。。

携帯の(特にメール)で、時間や場所を約束し、細かい情報を送るということは余りないからです。
その結果、不完全な情報だけが手に入ります。

具体的に言うと、こんな感じです。

【明日、いつものところでネ】

○これだと、いつもの所がわかりません。
○時間がわかりません。

結局は、デートするんだろうな~程度のことしか分からないんです。


■情報は、断片で十分と割り切る。

何が人を惑わせるのか?といいますと、完ぺき主義だからです。
携帯で情報が分かるはずだ!
だから、情報が分かってから調査の依頼をしよう!
そう思って居ると「罠」にはまります。

それは、完ぺき主義という名前の「罠」です。

ですが、上で説明をしたように完全な情報は一般的には手に入らないものです。
それなのに完璧を目指すことで、せっかくのチャンスを無駄に捨てているほうが勿体無いですね。

「デートしそうだぞ!」
そこまで分かれば十分だと割り切ってしまいましょう。

■携帯を見続けると、主体性をなくします。

時々ですが、「情報の奴隷」になっている方を見かけます。
携帯を見ないと【一日が終わらない】こんな具合です。

携帯のメールを見て、一喜一憂しているだけで、自分は「離婚して人生やり直したい」のか「浮気をやめさせて家庭を取り戻したい」のか?もう分からなくなっています。

それでは、永遠に情報の奴隷で主体的な人生は歩けません。
どうか、情報を「使う側」に回りましょう。

■ご相談
master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 14:59 | 浮気調査を依頼する前に


<< 浮気調査の報告書とは?      浮気調査がばれることは? >>