探偵社長

maxart.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 24日

証拠は2回あった方がいいと言われました・・・?

浮気調査の証拠となる不倫現場は2回分あった方がいいと言われましたが、なぜでしょうか?

というご質問をお受けしました。
これについて回答をさせていただきたいと思います。

浮気調査には大きく分けますと2つの種類があると思います。
1つ目は、配偶者と話し合うことを目的としており事実さえ判明すればいいのだ!と言う場合です。

2つ目は、裁判や調停が前提となっている場合です。

話し合う事だけが目的なら、事実さえ判明すればいいので複数回の証拠を押さえる意味は薄いと言えます。
しかし、裁判や調停となりますと、そうもいかない面があります。

それは・・・

理由1
民事裁判は、原告(訴える人)が証拠を提出しなければならない。
証拠は、後から揃えるという事が困難なので、事前に出来うる限りの量を集めておくことが得策

理由2
当然ながら、相手が「本当のことを裁判で言う」保障がない
(例)
「たしかにホテルには行きました。しかし、酔っ払って気分が悪かったのであり性的な関係は一切持っていません」

「たしかに異性宅に行きました。でも、夕飯をご馳走になっただけで、肉体関係はありません」

このような明らかな嘘でも証言されれば、否定材料を出す義務があるのは「原告」の方なのです。

これを防止するには・・・
複数回の浮気現場(ホテルに入る)(浮気相手の家に入るなど)を用意して、継続的に交際を重ね肉体関係があるであろう事を十分に想像させると反論するわけです。

理由3
証拠は、探偵の用意した調査報告書だけではありません。
原告がつけていた日記なども多数証拠として扱われるものが存在します。

ですから・・・・証拠は「2回」分あれば十分、1回分ではちょっと不安、と考えておくといいでしょう。

master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 15:12 | 浮気調査を依頼する前に


<< 相談を早めにする、と言う意味は?      意外にみんな知らない調査の開始方法! >>