探偵社長

maxart.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 24日

浮気調査の使い方

浮気の問題は、本当に嫌な問題ですね。
早く済ませてしまいたい・・・!こんなお気持ちになると同時に、今もしかして何もしなければ「時間」が解決してくれるかもしれない・・・!とも思ってしまうものです。

おそらくは、あなた様が現在お感じになられている「怒り」「不安」の度合いによって左右されているでしょう。

さて、私がこのレポートを記載させていただいたのは、「浮気調査の結果」をどのように活用すれば、今後ベストな解決策を見出せるのか?について、皆さんと知識を共有したかったからです。
その方法とは・・・?

私が、浮気調査を依頼してくださった皆さんへは、まったく同じように助言をさせていただいたりしていることです。

①浮気をした配偶者とどう話し合いをするか?

調査報告書を目の前にたたきつけてやりたい!
このような欲望がメラメラと燃えているかもしれませんね。
「これ何よっ!」
たったこの一言が言いたくて、興信所へ依頼するという人も居るくらいです。
そのような活用方法が悪いとはいいません。

私が、これからお話しするのは、もう少し大人なやり方であるというだけです。
選ぶのは、あなたで私ではないのです。
さあ、大人なやり方とはいったいどのようなものか?見てゆきましょう。

もしも、あなたが僅かでも「やり直したい」と思う気持ちをもっているなら、これは、やめた方がいいでしょう。

なぜなら、浮気調査の結果を受け取ったときは、「配偶者の誠実さ」を試す絶好の機会だからです。
持っていて見せないことが、最大の武器になります。

まずは、自分が事実を知っている事を配偶者に告げます。
そして、「できれば自分の口で正直な話を聞かせて欲しい。」と言ってみましょう。

(理由)

1.
配偶者が、あなたに対してとる態度によって「配偶者の本当の誠実さ」を試すことができます。「興信所なんか雇いやがって!」とか、「本当に証拠があるなら見せてみろ!」と言うなら、あなたの配偶者は残念ですが、誠実さに欠けています。

2.
万一、配偶者が浮気相手と再婚したいと希望していて、あなたとの関係を終わらせたいと正直に告白した場合、あなたの手の内を知らしめることになるよりも、今後の「裁判」や「調停」まで「情報をお預け」する機会に恵まれます。仮にホテルに入った写真を持っていても、浮気相手と配偶者が内緒で打ち合わせをして「ホテルに入ってもセックスしなかった。」ことにしておこう・・・と言わさないためです。日にちや、時間、場所を特定すれば、彼らに嘘をつく「絶好の機会」を、あなた自身で与えてしまうことになります。

それから、「絶対に離婚をするのだ!」と既に決めているのであれば、なお「見せない」ことがあなたにとって武器になります。
それは、上記の(理由)の2番目に書いたことで、既にお分かり頂けたと思います。

次に、両親との絡み合いを考えましょう。
既に、お互いが離婚をすることに同意はできたのだが、頑として浮気を認めないときに両親との関係を活用します。
誰でも、両親に心配はかけたくないものです。

そこで、うまい話の仕方としては、

「今回、あなたの行動が怪しいと思ったので興信所に依頼をしました。興信所によれば、あなたが浮気をしていることが明らかです。ここに調査の報告書がありますが、今はあなたへ見せたくありません。あなたが、もう離婚を決意しているなら仕方がないでしょう。しかし、離婚を2人の性格の不一致などと誤魔化した理由で両親へ報告して欲しくありません。私も離婚に同意します。でも、浮気をして離婚の原因を自分が作ったことは、あなたが自分自身で両親へ告白してください。私は、1週間だけ待ちます。1週間後に、私が提示した離婚の条件を飲めるかどうかの返事をご両親と一緒に回答をしてください。もし、1週間たっても何の連絡も無ければ、今ここに持っている調査報告書をご両親のところに持参して事実関係を私が明らかにすることになります。」

このような話の持って行き方はどうでしょうか?
相手に選択肢を与えることで、「誠実さ」と直面させることができます。

あなたの配偶者が真に誠実さを守ろうとするなら、勇気をもって両親に告白するでしょう。そして、もしかしたら、あなたは配偶者の勇気を評価し、たとえ離婚することになったとしても「恨み」の気持ちを軽減させることができるかもしれません。

浮気をするような奴は、いくら憎んでいてもいいのだ!という考えもあります。
それは、仕方の無いことなのかもしれません。でも、そんなことは無いに越したことありませんね。

逆説的ですが、「配偶者に誠実さ」が無かったことが明らかになれば、あなたは離婚をするということに十分自分を納得させることができるのではありませんか?

納得して離婚したのと、自分では納得しないまま離婚を受け入れるのとでは、今後の生活を営んでいく上でどっちが精神衛生上いいでしょうか?

②離婚の条件を決めるとき、どうすればいいか?

離婚の条件を決めると言っても、実際のところそう多くの決め事があるわけではありません。はっきり言えば、「お金」の分担と、「子供」の養育さえ決まってしまえばいいのです。

では、お金の面から見てゆくことにしましょう。
お金の問題は、最近いろいろなテレビに弁護士が出て話をしていますから、既に皆さんがご存知かと思います。

浮気の慰謝料はだいたい100万円から200万円が弁護士の考える相場のようですね。
実際は、「あなたが妥当だ!」と思う金額で請求をかけて構わないのです。
そして、慰謝料には明細書は必要ないということも覚えておきましょう。
興信所にいくらかかって、弁護士にいくらかかって、引越し代金にいくらかかって・・・というのは、あなたの胸の中だけで考えればいいのです。
慰謝料は、あくまでも総額いくら?の世界です。

そして、交渉ごとの常ですが、最初は大き目の金額で入ってゆくことです。
私は、「最高」と「最低」の両方の金額を決めることをいつもアドバイスします。

もちろん、もらえるならいくらでももらいたい!というのは人情です。
しかし、明確な金額を提示しないと、いつまでも金額の争いごとから脱出できません。
それなら、いっそ慰謝料を500万円ください!
と言い切ったほうが潔いです。

そして、

「そんなには払えない」
「世間的に見て高額すぎる」

などの浮気をした配偶者からの言葉に耳を傾ければいいのです。
誤解しないでくださいね。
耳を傾けるのと、言うことをきくというのは「違う」ことなのですから。

あとは、あなた次第です。
そして、最低を決めておく必要が次に明らかになります。

万一、配偶者から50万円しか払う気は無いと言われたら、あなたは間違いなく腹を立てるでしょう?
そういう場合は、200万円以下なら妥協しないという自分への取り決め事項が役に立つのです。

まさしく、200万円以下の金額なら「調停」を申し立てる、とか、「最終的には裁判を起こす」という「切り札」が使えるではありませんか?

多くの人が、「切り札」を最初に使って、いつまでも「揉め事の世界」から抜け出ることができないという現実を私は何度も見てきましたよ。

サンプル的に話し方を書いておきましょう。

「今回離婚をすることになりましたが、原因はあなたが浮気をしたことにあります。私は、慰謝料としてあなたへ500万円を支払って欲しいと思います。」

「そんなに払えるわけないだろう!」

「そうですか、あなたが誠実に謝罪するという気持ちがあるなら私にも交渉の余地はあるつもりです。あなたは、今回の件をいったいいくらの金額で解決したいと思うのですか?」

「いや、100万円なら・・・」

「そうですか、それなら交渉の余地はありません。私は、あなたに受けた精神的な苦痛の度合いから考えれば最低でも250万円はもらわないと納得ができません。お互いに意見をすり合わせることはできそうもないので、調停を申し立てますね。それから、あなたの浮気相手にも責任を追及しますから、そのつもりでいてください。」

このように交渉を進めていけばどうでしょう?
あなたが、きっぱりした態度を取れば取るほど、浮気をした配偶者が追い込まれてゆくという構図に、なるだけ早く慣れて欲しいと思います。

よくあるのが、すべての決定権を、浮気をした配偶者に任せてしまって、自分の思い通りにならないと文句を言うことです。

こういう人は、自分の希望や立場を明確にしないことが揉め事を長引かせているということに気がついていないことが多いのです。

慰謝料をください!とだけは言いますが、浮気をした配偶者が「では200万円を支払いましょう」と言うと、「あなたは私のことを何だと思ってるの?」と文句を言います。
そして、「ではいくら払えば納得できるのか?」と聞くと、たいてい、「あなたが悪いと思った分だけ払ってください!」とか、「私を納得させる金額を払ってください!」と言います。

つまり、浮気をした配偶者は、丸裸になるまでは許せないのです!

もともと浮気をするという行為自体に、「あなたの期待した誠実さ」を配偶者が持ち合わせていなかったという事実を目の当たりにしながら、自分の今後の人生を決定する離婚の条件の話だけは、配偶者の誠実さに任せるなどと言うことが、明らかな矛盾なのだと気がつけば、自分がしっかりと交渉の矢面に立つという勇気が沸いてくると思います。

ごめんなさいね、ちょっときつい言い方でした。
しかし、例え配偶者による裏切りで傷ついていたとしても、しっかりと自分の足で立っていて欲しいのです。それが、あなたの為なのです。

私は、ほんの僅かなご縁であっても、私が書いたものを購読してくださっている皆さんが「癒されること」「自己成長すること」を望んでいます。

実は、『癒されること』『自己成長する』ことには、非常に痛みが伴います。

その高き壁を乗り越えるお手伝いができれば、最高だと私は思うのです。ですから、時にはキツイ言葉も出てしまうのです。

さあ、どうでしたか?
今回のレポートはお役に立ちましたか?

浮気調査をした後の自分のあり方のような物を掴んでいただけたとしたら、とても嬉しく思います。
そして、このレポートは個人間で転送をしていただいて構いません。転送フリーですので、お友達が夫婦関係で悩んでいたら転送してあげてくださると嬉しいです。


既に離婚は決意した、効果的な方法で浮気の証拠を手にしたいとお考えならプライベートアイの浮気調査がお役に立てると思います。
プライベートアイでは、浮気調査の基礎知識と言う冊子を無料配布しています。
調査の上手な進め方が気になる方は、ホームページからご請求してみてくださいね。

master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 15:17 | 浮気調査を依頼する前に


<< 浮気調査をすることは、正しいのか?      浮気調査で無駄使いしない方法 >>