探偵社長

maxart.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 24日

浮気調査をすることは、正しいのか?

妻や夫が浮気をしていると「知る」キッカケは実はたくさん転がっています。
ですから、まだ漠然と浮気しているかもしれないというレベルの方が浮気調査を依頼しようと決意される事は実は少ないですね。

多くの方が、携帯電話を見てしまったとか、パソコンメールを見てしまったと言うように何らかの確信を持って相談を決意することでしょう。

しかし、一番の障壁と言うのは何か?といいますと、「浮気調査を依頼する事は、自分にとって正しいことなのか?」という問いに答えが見つからないことです。

そういうときには・・・

浮気調査というのは、いわゆる”ツール”だと思います。
どういうことを言っているのか?というと、例えば包丁です。

包丁は、野菜や肉や魚を切る調理の道具です。ところが、一転犯罪の場面で使用されれば、それは凶器と早変りしてしまいますよね。

これと同じで、ツールというのは使う人が正しい使い方をすれば、間違いが起きないのだと思います。

浮気調査を依頼したから、妻や夫が改心して浮気をやめるわけではありません。
当たり前のことかもしれませんが、あえて聴いてくださいね。

こんなことを言う人がいます。

「浮気調査なんて依頼をしたら、もう夫婦としてやっていけなくなるんじゃないでしょうか?だって、誰だって調査なんて気分の悪いものでしょう?」

確かに、調査の結果を喜んで受け入れる人は居ないと思います。
不倫や浮気と言うのは、秘密として存在しているからこそ、存在意義があるのかもしれないですね。

でも、それを配偶者に知られてしまうということは、沽券に関わるとかそういう問題で受け入れたくないものなのです。
素直に謝れないというのも、同じことなのでしょう。

だからといって、放っておいても解決の糸口は見つかりません。

ですから、浮気調査をして「事実を突きつける」という厳しい試練を乗り越えていかねばならないわけです。
最初から、この試練は乗り切ることができないだろうと思っているのであれば、そんなに悲しい生き方はないのではないでしょうか?

可能性に掛けてみるからこそ、打開策も生まれるというもの。

もしも、あなたが浮気調査を依頼することが正しくないのかも知れないという恐怖にかられているとしたら、それは自分自身が試練から逃げようとしている結果なのかもしれません。

夫婦関係を修復したいとか、どうせ離婚するなら納得して離婚したいとお考えならば、調査の結果を正しくお使いになれると思います。

master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 15:19 | 浮気調査を依頼する前に


<< 浮気とスターウォーズの関係      浮気調査の使い方 >>