探偵社長

maxart.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 24日

調査すべきか?調査はやめておくべきか?

浮気を疑っているんだけれど確証は無い!
黒に近いグレイだ・・・


このような「思い」が浮気調査を依頼することを踏みとどまらせている原因になっている事が多いようです。
こんなとき・・・・浮気をしている人たちには共通して同じ事を言っています。


浮気が原因で離婚を迫られたときに、下記の言葉が出てこなかったかどうかをチェックしてみると「疑い」は「確証」に変わるかも知れません。
浮気をしている人たちの、その恐るべき共通言語とは・・・?

(妻)「あなたと居ると自分らしくいられない」
(妻)「自立したいの」
(妻)「あなたを尊敬できないの」

(夫)「君の○○なところには耐えられない」
(夫)「とりあえず一人になってゆっくりと考えたいんだ」
(夫)「俺では君を幸せにすることはできない」

・・・・と言うのが定番です。
自分には既にほかに好きな人が出来たんだという事を隠して「離婚」を申しいれする訳ですから、嘘をつかざるを得ません!

その嘘というのは、結局のところ「誰がついても大抵は同じ言葉になる!」ということでしょうか?

浮気調査には、隠れたメリットがあります。
意外にも皆さんはこの恐るべき効果に目を向けようとする方は少ないのですが、

「浮気調査で結果が出ると、今まで嘘をついていた事を認めざるを得ない」

という事なんです。
それって当たり前じゃん!今更何言ってんの?
とお感じになるかもしれませんが、実は、これ以上嘘はつけないという環境を得ることは、離婚を選択する方も、夫婦を修復する方にとっても、最大の武器になるのです。

このサイトの別のページでもご紹介をしていますが、離婚するときはギリギリまで話し合いで解決することを私はお勧めしています。


なぜなら、それが一番安く上がるからです。
裁判や、調停は最後の手段として考えましょう!とアドバイスするのは、浮気調査の結果がちゃんと出ていたら、裁判をしても「負けは無い」という自信を持って話し合いに臨めるますよね。

master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 15:29 | 浮気調査を依頼する前に


<< 家庭に不満があるから・・・?      浮気とスターウォーズの関係 >>