探偵社長

maxart.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 24日

家庭に不満があるから・・・?

浮気の相談を受けていると・・・
「今まで放っておいたから、浮気は多少は仕方ない」
というようなことをおっしゃる方がいます。

家庭の中で不満があったから、配偶者が浮気をしてしまうんだろうと言う考え方ですね。
果たして、それはあっているのでしょうか?


私は、大変多くの浮気事例について触れる機会に恵まれています。
そこで一つの法則性というか、共通点を見出すことができます。

それは・・・

「人と言うのは、家庭に不満があるから浮気をするのではなく、浮気をした結果、家庭に不満を抱くようになるのだ」

と言うことです。

浮気に限らず、人を好きになる行為というのは大変なエネルギーが必要です。
今更、そんな事を書かなくても読者の皆さんは、お分かりでしょう?

つまりエネルギーのある人で無いと浮気は出来ない訳です。
そのエネルギーが内側(つまり家庭内)に向いている時と言うのは、放っておいても上手く行くものです。
新婚当時を思い出してみてください。

しかし、お互いに人柄が分かってきたりして段々と家庭内にやることも少なくなってくるとエネルギーが余っていますから外側に向かっていくわけです。

仕事中毒!なんていい方が昔は流行りましたけれど、それもエネルギーが外側に向いている一つの現象だと解釈できますよね。
たまたま仕事じゃなくて異性だったら・・・・・

それが浮気になるのではないかと思います。
つまり、浮気が開始される時点では、有り余ったエネルギーがそっちに向いているに過ぎないわけです。

しかし人間と言うのは悲しい生き物で、ついつい比べてしまうんですね。
あいつはこうだけど、こいつはこうだ・・・というように比較してしまうんです。

当たり前ですが、出会ったばかりの異性にはエネルギーをたっぷりと使うわけですから、そっちの方が心地いいわけです。
特に男性と言うのは、住み慣れた我が家よりも、未開の地が好きなものです。
もっともエネルギーが余っていない人は、未開の地を開拓(つまり浮気)をしようなどとは、思いたくても思えないのかもしれません。

そんなわけで、浮気の原因が自分にあったんじゃないかという疑問は「一笑に付す」ことをお勧めします。

それよりも大事なのは、今後どうしたいのか?という方の問題です。

master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 15:30 | 浮気調査を依頼する前に


<< 離婚を防止し、浮気もやめてもら...      調査すべきか?調査はやめておく... >>