探偵社長

maxart.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 24日

離婚を防止し、浮気もやめてもらいたい・・・なら

浮気の問題が、もっとも難しいのは「離婚はしたくない」と思っているときです。

「浮気をしていることを放っておけば当面の家庭は安泰」VS「浮気なんて裏切り行為は許せない」
つまり・・・


「浮気をさっさとやめて元の家庭に戻って」くればいいんだ、と誰でも考えます。
皮肉なことに、相反することを同時に求めているわけです。

なぜなら「浮気をやめさせる」という事は、「あなたは、浮気をしているんでしょう?もうやめてください」と言う風に積極的にアクションを起こしていかねばなりません。

しかし、一方では「あなたは、浮気をしているんでしょう?」と詰め寄れば、「そんな事を言う人とは、もう一緒に暮らせない!離婚だ!」と言われてしまう可能性が高いわけです。

「やめろ」と言えば反発するし、「黙って」いれば浮気は継続する・・・
どちらも選びがたい選択です。

このように一見誰もが望むことなのに選択のしようが無い場合を「2者択一のジレンマ」と呼びます。
多くの人が、壁にぶち当たるとき「2者択一のジレンマ」を目の前にしている事が多いです。

どっちも選べない訳ですから、浮気調査にも積極的になれません。

「黙って浮気に耐えるか?」
「反発を受けても浮気の事実を突きつけるか?」

この選択をすれば、自分自身が浮気調査をすべきかどうかが見えてくるのではないでしょうか?

master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 15:31 | 浮気調査を依頼する前に


<< 人生の節目に浮気はついてくる?      家庭に不満があるから・・・? >>