探偵社長

maxart.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 24日

人生の節目に浮気はついてくる?

私が、探偵をして気がついた恐るべき法則の一つをお話したいと思います。


それは・・・
浮気をしてしまった人には、共通のポイントがあるということです。
いったい、どのような時に「浮気をしてしまうのでしょう」か?

結婚するときから、「私は、きっと浮気をしてしまうだろう」そう思って居る人は少ないと思います。
むしろ、一生愛し続ける・・・そう信じて結婚式に臨んだのは、まぎれもない事実だろうと思います。

それなのに、なぜ浮気は起こってしまうのでしょうか?

単純な物の見方をすれば、人間と言うものはホルモンの作用やDNAの掟には逆らえない動物なのだ、つまり性的な誘惑に負けてしまったんだ・・・となってしまいます。

しかし、どうやらそんな単純なことでは無いんじゃないかというのが、私の意見です。
浮気をしてしまった人を見ると見事にある時期に集中して浮気をしてしまっているからです。

たとえば
(1)子供ができた
(2)家を買った
(3)昇進した
(4)独立開業して会社が軌道に乗り出した
(5)転勤した

一見、環境が変わったら浮気をするのだ、と言う風に見えがちですが、それだけではないと思います。
人生の節目(特にお祝い事)の後に、浮気をしてしまうのはなぜでしょう?

普通なら、お祝い事の後には仲睦まじい姿があるはずじゃないですか!少なくとも私達が見ているテレビドラマの世界では、そういう風に描かれています。

しかし、現実はそうではないようです。
いったい・・・なぜ?
浮気をしてしまう人と言うのは、実は人生に対して前向きな人が多いのです。
自分の可能性をどんどん試したい、というような人だからこそ異性からモテルのは当たり前と言えばそうです。

前向きな人と言うのは、過去を振り返らない天才でもあります。
雑草しか生えていないような未開の地でも平気で進む勇気と行動力を持っていますが、同時に自分の歩いた道には踏まれて潰れた草木があることに気がつかないのです。

前向きな人の配偶者というのは、大抵の場合この人と正反対の性格を有しています。
それで夫婦関係のバランスが絶妙に保たれているわけですね。

しかし、環境の変化は二人の絶妙に保たれていたバランスを崩してしまいます。
今までは毎月5万円しか自由に使えなかった人が、いきなり50万使えるようになったのと同じです。

有り余るエネルギーを発散したくて仕方なくなるわけです。
ところが家庭の中では、一方は非常に前向きなエネルギーを発散しますので、もう一方はたまったもんじゃありません。
ホンの少し過去を振り返って、休みたいわけです。
決して悪口ではありませんので、誤解しないでください。


しかし、前向きな人にとってみれば自分の事を理解してくれない「反発する人」でしかなくなってしまいます。

こうなると、二人の間で保たれていた絶妙なバランスは崩れ去ります。
前向きな人は、外へ外へエネルギーを発散しようとしますし、そうでない方の人は内へ内へエネルギーを溜め込んでいきます。

そんな時に、異性と言うのは現れてしまうものなのです。
正確に表現すると、前向きな人は無意識で自分のエネルギーを受け止めてくれるような存在をサーチしてしまうものなのです。

例えば、それまでは全く気にも留めなかったピンク色のセーターが街の中で急に目に付くようになってしまうという現象があるでしょう?
それは、無意識に自分がピンクのセーターを探しているからなのです。
脳には、自分でも気がつかないようなサーチ能力を秘めているのです。

それと同じように、前向きな人は、自分が持て余したエネルギーを受け止めてくれそうな異性を探してしまうものです。
ですから、浮気相手と言うのは、何かの問題を抱えていることが少なくありません。

離婚して子供を育てている
親と仲良くない
会社でうまくいってない

このように問題を抱えている人を見れば、前向きなエネルギーをその人の為に注入することができます。
自分自身で、あ~生きてるってこういうことなんだ~と思える瞬間とは、自分が誰かの役に立っていると感じる瞬間ではないでしょうか?

これが、浮気のメカニズムの一つです。
もちろん、これはキッカケに過ぎません。
その後の、交際の進展具合では浮気相手に本気になることだってあります。
むしろ、そういう人の方が多いかもしれませんね。

master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 15:32 | 浮気調査を依頼する前に


<< 妻の浮気を知ってしまった男性      離婚を防止し、浮気もやめてもら... >>