探偵社長

maxart.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 24日

妻の浮気を知ってしまった男性

今日は、ちょっと違う角度から見てみましょう。
プライベートアイでは、浮気調査の依頼がもっとも多いのですが、男女の依頼比率はほぼ50対50です。

つまりは、半数が妻からの依頼であり残る半数は夫からの依頼と言うことです。
妻の浮気を何らかの事由(たとえば携帯を見てしまったなど)で知ってしまうと大抵の男性は、自分の力で何とかなるんじゃないかと最初は考えるようです。

つまりは、半数が妻からの依頼であり残る半数は夫からの依頼と言うことです。
妻の浮気を何らかの事由(たとえば携帯を見てしまったなど)で知ってしまうと大抵の男性は、自分の力で何とかなるんじゃないかと最初は考えるようです。

ですから、浮気が発覚しても妻をいきなり問い詰めると言う人は少ないです。
もちろん、顔に出やすい人というか分かりやすい人もいるでしょうから、浮気をしている妻から「そろそろ怪しまれているのかしら?」と逆に勘ぐられてしまうこともあるようです。

浮気調査を上手に進めるには、最初の段階が非常に重要です。
なぜなら、調査の対象者が警戒心を抱いているのかどうかで調査の結果が天と地くらいに変わってしまうからなんですね。

ところが男性と言うのは、太古の歴史が示す通り何でも自分でやってしまうのが好きなのです。
言い換えれば、人に任せるということが非常に下手糞です。

ここが女性とは決定的に違うところです。
女性は、疑いを持つと自分では、ある程度までしかできないんだからしかるべきところで任せようという発想が早い段階で出来ます。

しかし、男性は「自分の力で妻をねじ伏せることができるんじゃないだろうか?」とか、「妻はきっと悪い男性に引っかかってしまっただけなんだから、男性を排除すれば何とかなるんじゃないだろうか?」という風に発想するのでなかなか行動に踏み切れないのです。

ことこういう事に関しては、圧倒的に女性の方が行動力があるのです。
どうです?
ちょっと、びっくりでしょう?

それとやはり男女差と言うのか、女性は夫が浮気をすると裏切りと解釈し、夫や浮気相手の女性を徹底的に憎もうとしますが、男性の場合は、浮気相手の男性に怒りが集中するからのようです。
妻は、あんまり悪くないんだと思いたい・・・というのが本音なのかもしれませんね。

もう少し突っ込んだ言い方に変えると、男性は自分の自尊心を守りたいので、自分が妻から見限られたという現実を中々受け入れたくないのです。つまり、相手の男が妻を誘惑したのがいけないのであって、妻が自分よりも相手の男を選んだのだとは思いたくないわけですね。

しかし、決定的に壊れてしまった婚姻関係を修復するには、相当の努力が必要です。
それが出来ずに、離婚と言う選択をすると「持って行き場の無い怒り」は大抵の場合、相手に向かいます。

現在の日本の法律では唯一許される報復手段は慰謝料の請求です。
テレビでは、いとも簡単に慰謝料を請求して支払ってもらえるような印象を受けますけれど、実際には非常に難しい側面を含んでいます。

例えば金額ですけれど、私は日本の慰謝料ってのは本当に安いな~と思います。
浮気の慰謝料が100万円なんていうのは、ざらにあります。
今時100万円で何が買えるのか考えれば安いですよね。

ところが、相談をお受けしていますと慰謝料は1000万だとか500万だとかを想定している人が居ます。
もちろん、慰謝料に計算方式が整っているわけじゃないので、いくらの金額を請求しても構わないのですが、実際は支払ってもらえないんじゃないかな~と思います。

ところで、もう一つの誤解です。
慰謝料は、証拠があれば値段が釣りあがると思っている人も居ますが、それも違います。

証拠が無いと慰謝料すら請求できない・・・これは現実として起こりえますけれど、慰謝料が証拠の内容によって釣りあがるということはほとんどありません。
ホテルに行った写真は大丈夫だけど、相手の家に行った写真はダメだとか、まことしやかに話す方が居ますけれど、そんな条文は法律のどこにも書いていません。
こんな誤解を出来る限り少なくしたいものです。

それでも気持ちの部分の解決と言うか、何か形のある物で解決したいと思うのが人間の心情というものです。
ですから、話し合いで解決しない場合を想定して調査を行うことにするわけです。

master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 15:33 | 浮気調査を依頼する前に


<< 浮気した夫が謝らない理由(わけ)      人生の節目に浮気はついてくる? >>