探偵社長

maxart.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 24日

浮気した夫が謝らない理由(わけ)

今日は、男がなぜ浮気を認めないのか・・・?と言う問題を少し掘り下げてみましょう。

私自身も探偵を10年やってみて思うのですが、男と言うのは最後の最後まで浮気の事実を認めないものですね。

だからこそ、探偵社という存在があるのでしょうけれど・・・

「ごめんね、実は浮気しちゃったんだ」
と認めてくれて謝ってさえくれたら、離婚までは決意しなかったのに!という妻は意外に多いものです。

どうして男は浮気を認めたがらないのでしょう?

一つは
「浮気を認めて、謝るのは嫌だ!妻に頭を下げるような真似だけはしたくない!」
と言う心理が働くんでしょうね。
浮気をしてしまっても、妻よりも上の立場で居たいという願望のなせる業なのだと思います。

また、誰でもそうでしょうが「自分の行動を正当化」したいという願望が有ります。
勝手に好きになってしまったんじゃない!
そこに至るまでには、妻にたくさん不満があったから、仕方なかったんだ!
この出会いこそ、俺の運命の出会いなんだ~と思いたいのが男性心理というものです。

浮気をされた妻にすれば、まったく納得のいかない理由であろう、そう思います。
浮気で裏切られた上に、それは妻の所為だと言い出すのが「夫」と言う動物なのです。

二つ目は
実のところ、浮気じゃなくて本気だったという場合です。

「ここで俺が浮気を認めれば、妻はきっと(浮気相手の)女性に何かをするだろう!少なくとも文句くらいは言うだろう。惚れた女に自分の所為で迷惑を掛けるのだけは避けたい!」
という心理です。

妻にとっては、耳の痛い話かもしれませんけれど結構こう言う男性が多いんじゃないかと思いますね。
男にとって、女を守る!というのは「本能」です。

それが、なぜ妻である自分自身じゃないのか?
大いに疑問に思っておられることでしょうが、浮気をするような人生に前向きな人というのは、実は過去を振り返ることについては、大の苦手です。

三つ目は
単純に慰謝料を払いたくない・・・という心理です。
釣った魚には餌をやらないという考えのもっとすさまじいバージョンだと思ってください。

意外にも離婚するとき(離婚の原因が自分にある時に限る)は丸裸でも平気と言うのは女性に多いんです。

先日は、浮気がばれても男は女性と会うのを止めない!というお話をしましたけれど、男の方が誰も居なくなるという現実を受け止めるのは苦手なような気がしますね。

master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 15:34 | 浮気調査を依頼する前に


<< 夫は、浮気がばれると妻を「敵」...      妻の浮気を知ってしまった男性 >>