探偵社長

maxart.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 24日

財産を守れ!

離婚の揉め事を突き詰めていくと、いったいどこに行き着くのでしょう?

それは・・・「お金」です。

離婚するなら、1円だって払いたくない!
誰もが、そのように思ってしまうもの。

その対策はあるのでしょうか・・・・?


「よくも、あんなことができるもんですよね~」
この言葉を何度聞いたでしょうか?

2人で貯めたお金なのに、知らない間に使われていた。
自分名義で貯蓄していたはずなのに、離婚話が出たと途端に名義を変えられていた。

こんな話はゴマンとあります。

実は、身内だからこそお金の問題は起きているのです。
離婚するんだから、お互いに恨みっこ無しで財産を分けましょう!民法と言う法律には、そう規定されています。

ところが、この「恨みっこ無し」というのが実は非常に難しいのです。
ですから、離婚を決意してから自分達のお金の守りあいが既に始まっていると考えた方がいいでしょう。

「とにかく別れることができるなら、いくらでも支払います」
そう考えることができる太っ腹な方には、まったく関係ない話です。

しかし、大抵の人は、そうはいきませんよね。
こういうときに役立つのが「離婚協議書」です。

この書類は、行政書士さんに頼んで作ってもらうことも出来ますし、自分でワードなどで作成しても一向に構いません。
この書類を作成し、双方が署名・捺印することで後日になってから「やっぱり、あの財産分与には納得がいかない」というような不満が出ても押さえることが出来ます。

「口約束」だけで離婚話を進めてしまって、あとから揉めたということが無いように何事も書類にしておきましょう。

意外に、書類の作成を嫌がる人が多いですよね。
しかし、書類の作成を怠ってしまうと、後日になって
「やっぱ、やめとくわ!」
の一言で約束を反古にされるなんてことも起きてきます。

離婚協議書と言いましても、いわゆる契約書でしかありませんから、そんなもんじゃ信用できるかっ!
とお考えになる慎重な方は、「公正証書」を作成しましょう。

公正証書なら、強制執行の手続きだって簡単になります。

離婚と言っても、かつては愛し合った者同士ですから、スマートに別れたいものですよね。
残念なことに、男と女は始めるより終わらせることの方が難しくできているんです。

”潔い”という言葉がありますけれど、潔く別れさせるために浮気調査が役立ってくれるものと思います。

master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 15:37 | 浮気調査を依頼する前に


<< 平成16年4月1日施行「人事訴訟法」      浮気がばれそうな時でも男性はデ... >>