探偵社長

maxart.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 04日

感動プロデューサー

100万人感動倶楽部というHPをご存知でしょうか?

簡単に言うと商売人は感動をプロデュースしなければならない・・・その感動のプロデュース方法を教えるセミナーをやっていますよ!という方がいるそうです。
著書も何冊か出ているようですので、平野秀典さんの名前を既に書店で知っている方もいるかもしれませんね。

さて探偵と言う職業で、感動をプロデュースするというのは一体どうすればいいのか?

これについては、平野さんの事を知る前からずっと考えてきたつもりですし、今でも正直に言うと悩んでいます。

昨日のブログに書いたような、思い出の人のその後を知りたいというようなホッとする仕事ばかりではありませんから。。。

やはり、探偵をしていて一番多いのは「浮気」調査です。

浮気の証拠をつかんで感動!?

例えば、証拠がなかなか取れなくてついに当社にめぐり合って証拠がとれたよ~これなら感動が確かにあるかもしれませんね。

でも、調査の結果は悲しいものです。
浮気の疑いが確信に変わるわけですからね。。。

では、浮気をやめさせることができればどうか?
これなら確かに感動があるかも!?

でも、世の中のニーズというのは確実に離婚へ向かっているように感じるのです。
例えば年金分割問題。

定年退職を目前の夫に離婚を切り出す為に、わざと浮気を仕掛けるというような業者も出てくるのでは無いか?
そんなあらぬ心配もしてしまいます。

以前に別れさせ屋という(今でも)探偵がたくさん出現して問題になりました。
私から言うと、別れるって「いつまで?」「どんな状態?」という定義が曖昧です。

ですから、ウチでは扱いません。
「別れました」
と報告して、確かにその日は別れたけど、次の日に復活したらどうなる?
こんな疑問が残るからです。

私は、実は浮気に関しては、自分で最後まで戦うことが一番だと思っています。
できれば、私のお客様には、そのような知識を共有させていただければいいな~~~とつくづく思います。
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2007-05-04 15:13 | 浮気調査を依頼する前に


<< 休日にデスノート      ちょと更新をサボっていました。 >>