探偵社長

maxart.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 49 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 29日

セックスと夫婦関係

いきなりセックスという文字を見ると、ここはおかしなサイトかも知れないと拒絶反応を反射的に起こしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

セックスの事を真面目に取り上げられる機会があまりにも少ないために誤解をされているのではないでしょうか?

さて、私が今回お話ししたいのは、夫婦における”力関係”を学ぼうとするとき、セックスが非常に参考になるということなのです。

簡単に言うと、夫婦もセックスも【常に意欲の低い方】が、主導権を握っているという事です。

セックスは、お互いが「その気」にならないとできませんよね?
逆に言えば、お互いがいつも「その気」であるという事は、ごく稀で、どっちかが「セックスをしたい」と思い、相手方が「まぁ、いいかな」と感じたら「さぁ、セックスしましょうか。。。」と言う流れが出来あがるという構図です。

ここで、「まぁ、いいかな」と考えた側が、【意欲の低い方】です。
つまり、【誘われる側に立つ人間】が、その時セックスをするか、セックスをしないかという決定権を握っているのです。

【意欲の低い方】が、
「今は、そんな気にならないから・・・」
と断れば、セックスは成立しないのですから、【誘った側】にセックスをするという決断は委ねられていません。

この構図は、実は夫婦にも当てはまります。
愛しあって結婚をして夫婦となったわけですが、人間は24時間愛し続けて生きることが出来るわけではありません。

トイレにも行くし、映画も見たいし、気分だって悪いときもある。
根底に”愛”は、あっても愛しているという「動詞」にならない場面は日常にごろごろしています。

愛の大きさを測ることは中々難しいですが、お互いが同じ”大きさ”の気持ちを持つということは無理な話ですね。

そうすると、愛に対して意欲の低い方が常に夫婦関係のバランスにおいては主導権を握っているのです。

”愛”という壮大なテーマでなくとも、夫婦間には常にパワーバランスがあります。
例えば、自宅を購入する、子供を作る、両親の世話をする、良好な家庭環境を作る。。。などです。
どの場合でも、「積極的でない側」が、主導権を握っているという事がお分かりになるでしょう。

これが極端になった場合、「離婚してほしい側」に主導権は無く、「離婚したくない側」に主導権があるという構図に発展します。
セックスで言うところの「セックスをしたい側」との関係を思い出してみてください。

このパワーバランスが定着してしまっている夫婦ほど浮気の危険度が高まります。
「意欲の高いほう」に主導権が常に無いのですから、主導権を握ってみたくなるのは【人の常】です。

特に、セックスにおいては、その兆候が顕著で、「いつも誘っているのに断られる」という【意欲の高いほうが主導権を握れない不満】は、案外大きなものです。
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-29 10:47 | 浮気調査を依頼する前に
2006年 03月 28日

浮気調査の効用

まずは、よくあるお話から。。。

「夫から急に離婚をして欲しいと言われました。(数ヶ月前から様子がおかしい事に気がついていたので、既に携帯電話で浮気をしていることは摑んでいますが、夫は気がついていません。)」

「別に好きな人がいるんでしょう?」

という問いかけにも応じず、そんな人は居ないと言い張っています。
結局、最後はケンカになって、離婚したい理由は以下の通り挙げられました。

▼ 君(妻のこと)と一緒にいると自分らしく振るまえない
▼ 僕(夫のこと)のことを理解してくれていない
▼ 最初から、ちょっと違うなと感じていた

まぁ遠まわしに妻のことを「悪い、気に入らない」と言っているわけです。。。

さて、妻はこれを聞いてついに言ってしまいました。

あなたの携帯を見ていたんだけど、浮気してるのは、もう分かってるんだからねっ!

これを効いた夫も逆ギレ!

そんな事をするから、君とはやっていけないんだっ!

妻の方も、こんな夫とはやっていけないと離婚しましょう!と勢いに任せて言ってしまいます。

これを受けた夫の言い分は。。。。?

● 離婚を最終的に決断したのは、妻のほうだから慰謝料は払わない
● 自分は浮気などしていないのに、携帯電話を見られて精神的に不愉快だった
● 一緒に暮しているのはもう1分だって我慢できないので、家を出て行く

【妻の現状】

◎ 夫は家を出ていってしまった。
◎ 今まで入れてくれていた給料が1円も入らなくなった
◎ 現在の住居を解約(所有の場合は売却)すると宣告された
◎ 慰謝料は支払う気が無いといわれた

さあ?この妻はどういう行動を取るべきなのでしょうか?











【模範解答】

■ 婚姻期間中の生活費は、分担してもらえる

離婚の話し合い中だからといって生活費の分担の義務が無くなるわけではないので、ここは粘り強く交渉するか、あるいは家庭裁判所で調停を申し立てる。

■ 離婚を前提とするなら

◎慰謝料を貰う方向で考えるか、慰謝料なんていらないと考えるか、自分の行動指針を立てよう!

実は、これが一番大事なことだったりするんです。
毎年、たくさんの方にお会いしますが結局自分が何をしたいのか?わからないという方が問題を長引かせてしまいます。
結局はノイローゼなんてことも実際に起きるので要注意!

◎財産分与すべき財産をちゃんと把握しよう!  

離婚・離婚・離婚そのことだけが頭にあって、離婚したらとにかく「言い値」のお金を貰うんだと思い込んでいる人が居ます。

しかし、現実的に年収が1000万も無い人に対して慰謝料1000万寄越せ!と詰め寄ったところでケンカが長引くだけです。

ケンカしたいだけなのか、それとも慰謝料をちゃんと欲しいのか?
それなら、相手が何を言っても逃げられないように財産総額を把握しましょう。

◎これが重要、やはり浮気なのか、浮気じゃないのか。。。。

浮気だったら慰謝料が倍額になる!そんな都合のいいことは起こりません
しかし、離婚の交渉が始まってから有利な展開を望めます。

これは極秘中の極秘のワザなので、興味のある方は弊社に相談に来てもらうしかありません。

   どうして出し惜しみするのか?
   
決して出し惜しみじゃないんですが、相談に来るという行動力の無い方には決して乗り越えられない「壁」というものが存在しているのも事実なんです。

離婚は悲しい出来事なんですが、悲しんでばかりじゃ人生前に向かって歩いてはいけません。
   
   むしろ、苦しい時ほど人間力を試されているわけですよ!
   
最終的に離婚するのも、離婚しないのもご本人の決断と行動力次第なのですから。。。

   ちょっと行動してみましょうよ。

■両親や家族には相談すべきか?

◎若いご夫婦なら、ご両親がいらっしゃったりあるいは、兄弟がいらっしゃたりするかも知れません。
こういうことは、いずれは耳に入るものです。

ならば、最初から相談してしまいましょう。

☆ただし!

浮気調査をして慰謝料交渉をしようとか、最悪の場合は裁判も辞さないと考えるのであれば、相談される側の方の「勇み足」は、何としても止めなきゃいけません。

とりわけご両親は、かわいい自分の子供が傷つけれた「怒り」で目から血が出そうな気分で一杯なわけです。

しかも、当の本人は嘘をついて浮気を認めていないなどとなれば、一発ぶん殴ってやろうか!とか、慰謝料なんて金の問題じゃない、さっさと離婚してしまえ!なんてことを言い出しかねません。

しかし。。。。

離婚するのは、あなたであって両親でも兄弟でもないのです。
つまり、離婚した後の人生の全責任を負ってくれるわけじゃありません。

一時的な感情で物を言ってるわけで、10年単位の長期的視野に基づいた冷静な回答ではないのです。

■探偵を利用すべきか?

ここまでで、慰謝料を請求しようという気持ちが固まったのであれば、探偵は利用する「価値」があります。

探偵の利用には、2つの意味があります。

「1つ目」
は、浮気しているのか、それとも思い違いだったのか?ハッキリさせられること。

「2つ目」
は、浮気をしていたのなら、探偵の報告書がそれを証明してくれるということ。

■最後に。。。

離婚をするか、離婚をしないか、気持ちが固まっていない方へ

「気持ちが固まってから行動を起こそう」とお考えなら、とにかく先に行動を起こした方がいいです。
結局、人と言うのは毎日違うことを考えているものです。

今日は離婚したいけれど、明日はどうかなんて保障はありません。
だったら、先に行動です。

とりあえず、大事なことって何か?

と問われれば、要は夫が浮気を認めていない(まぁ、認めるわけが無い)ことなのであって、それならば・・・・ということで探偵を利用することが考えられるのです。
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-28 12:08 | 浮気調査を依頼する前に
2006年 03月 24日

探偵とは・・・?

皆さん、探偵と言うとどういう人物を想像されますか?

夫や妻の浮気、家人の家出などに遭遇しない場合、テレビで見る姿が探偵だと思いますよね?
一生、探偵には逢わないという人の方が実際は多いのではないでしょうか。

テレビで見る探偵といいますと、有名なアニメでは名探偵コナン、それから金田一耕介あたりでしょう。
そのほかにも色々ヒーロー的に扱われますね。

ところが、実際の探偵と言うとヒーローとは全く縁の無い生活を送っているものです。
まあ、目立たないことが信条なのですから、当たり前なんですけれど・・・

面白いのは、テレビでは探偵はヒーロー扱いされているのに、実際に探偵社に電話をかけて相談をしてみようかと思う方の多くは、探偵と言うものを信用できない存在だと感じていることです。

「お宅は、プライバシーに関しては安心できるのでしょうか?」
とか、
「よく、ぼったくるってきいたんですけど・・・」

このように言われることもあります。
テレビに出てくる探偵はいい人で、実際の探偵は悪い人という構図はいったいいつくらいから出来上がったのでしょう?
悲しい限りです。

まあ、こういう探偵業界ですから、お客様から信頼されるように努力していくしかありませんね。

master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 16:03 | 浮気調査を依頼する前に
2006年 03月 24日

探偵になる人々

探偵と言う職業(生き方)を選ぶ人と言うのは、どんな人が多いと思われますか?

先日、社団法人日本調査業協会(弊社は社団法人大阪府調査業協会会員でもあります)より既存探偵社に関するアンケートを見ていたら、探偵社の経営者の98%が「男性」だそうです。

女性に門戸を開いていない閉鎖的な業界だというのではなくて、単に女性が魅力的な職業だと思えないのかもしれませんね。

ちなみに、私の場合は大学を普通に卒業してサラリーマンを10年経験しています。
どうやらサラリーマンの生活と言うのは自分になってないな~と思ってずっと独立開業できる業種を探していたのですが、探偵なら無資格・無資金で開業できる!みたいな単純なイメージに誘われて決意しました。

本当のところは無資金で開業なんてできる訳がないことがスグに分かりまして、会社を辞めるまでに約2年間の準備期間を取りました。
探偵社に就職しなおすという手もあったのですが、ここは自分の力に賭けてみよう!という事で独立です。

弊社に勤務している探偵の方も、どうやら私と似たり寄ったりです。
ある人は、学生を辞めて上京し弊社で頑張っています。
ある人は、前の会社を辞めて弊社に来ました。

特徴的なのは、私からは何もアプローチしていないところです。
彼らは、インターネットや電話帳を見て、この会社で人を雇っていないのかな?と勝手に調べて来ているんです。
探偵になる前から、実は探偵らしいじゃありませんか?


master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 16:02 | 浮気調査を依頼する前に
2006年 03月 24日

調査がばれてしまったら・・・?

探偵に調査を依頼したのはいいんだけれど、調査を依頼していることがばれてしまった・・・!

こういうケースは、たまにあります。

主な原因は、

◎依頼書(契約書)などを調査の対象者に見つけられてしまった
◎自分で調査していると言ってしまった
◎もともと調査を依頼するだろうな~と予測されていたところ、尾行する人間に気がついた

などなどです。

こういうときに、いったいどういう対応をすべきなのでしょうか?

【調査対象者が男性の場合】
100%言い切れることは、探偵に調査を依頼されたくらいで「浮気をやめる人」は、いません。
やり方が巧妙になるとか、尾行を確認する素振りが見られるとか、さまざまな調査を進める上での障害は発生しますが、浮気そのものをやめたりはしません。

これを女性の依頼者に言うと、たいてい

「え~~~~っ!」

と返されるのですが、100%有りませんでした。
男女の違いってことでしょうか?

男性の私から言わせれば、こういうことです。

「実はさ、俺の奥さんがね探偵を頼んだらしいんだ。危ないから、しばらく逢うのはよそうよ。」

こういう言葉は吐けません。
だって、浮気相手とは切れたくないわけですから、格好つけておきたいじゃないですか。

奥さんなんか怖がって居ない!と言うところを見せておかないと、浮気相手に振られてしまうかも知れないのですから。。。

ですから、「ばれた」というような場合は、探偵に念密な戦略を練ってもらって調査を進めれば、たいてい結果が出ます。

*ばれてもいいですよ、という意味ではないので誤解の無いようにお願いします。
もちろん、探偵もばれるような調査をしないのが当たり前の心構えです。

master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 16:01 | 浮気調査を依頼する前に
2006年 03月 24日

不倫旅行の浮気調査

妻の様子がおかしいので自宅のパソコンをチェックしていたら、妻が不倫相手と旅行を計画していることが分かりました。

旅費が必要な分、調査費が高くなってしまうので悩んでいます。
どういった浮気調査が最も効率がいいのでしょうか?

私の経験からお話をさせていただきますと「不倫旅行」というのは、絶好の浮気調査のチャンスだと思います。

理由は次の通りです。

(1)ホテルなど宿泊先が事前に判明している場合は、先に調査員が該当のホテルで待ち伏せすることにより、無駄な時間を省いて調査することが可能です。
旅費はかかっても、時間が節約されれば調査費は結果として変わりません。
だいたいホテルは午後3時からチェックイン可能です。
つまり、午後3時から不倫相手と対象者がチェックインするまでの短時間の調査で済んでしまう可能性が高いのです。

さらに・・・警戒心の強い方であっても、流石にホテルに先回りされて待ち伏せされていると考える人は少ないようです。今まで、怪しまれたことはありません。

(2)ホテル・旅館は実際のところ撮影がしやすいと言えます。過去の浮気調査の経験から言いましてもチェックイン時に宿泊者カードの記入などがありますから、じっくりと撮影が出来ます。
一部屋だけのチェックインなら、同伴者は宿泊カードに記入しないわけですから、鍵を受け取った時点で、ほぼ調査の目的が果たせています。

(3)チェックイン後は、調査をする必要は特にありませんのでチェックアウトを狙えば宿泊の事実がつかめます。

(4)普段の日に浮気調査を進めていくとした場合と比較して、宿泊するというチャンスは滅多に無いものと思います。
普段の3回のデートの内に何回ホテルへ行くでしょうか?
毎回、必ずホテルに行くとするなら不倫旅行は見送っても構わないと思います。
ただ、普段の行動が余り読めない方にとっては最大のチャンスです。

まず、対象者の今後の不倫デートの様子が入手できるかどうかで、今回のような場合にご依頼されるかどうかを決定されるといいと思います。

ちなみに、必要経費は、最も最寄の支社(あるいは、ご依頼の支社)から宿泊予定先までの交通費実費と宿泊費が実費として加算されます。
ただし、2泊3日の予定で不倫旅行に行くようなケースの場合は、2日間コースでご依頼されれば初日チェックインと最終日チェックアウトは撮影が可能です。

無駄な日まで調査の対象の日数に入れない分だけ全体的な経費は安上がりになります

master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 15:59 | 浮気調査を依頼する前に
2006年 03月 24日

妻の浮気を疑う

妻が浮気をしているかも知れない・・・こういうとき、多くの男性が「一人」で悩みを解決しようと奔走します。

妻が浮気をしているという事実が中々受け入れられないという人も少なくありません。
最近では、パソコンに精通している人も少なくありませんので、妻のメールを読んだりして確信を持ってから依頼をしよう・・・と、こういう方々が増えています。

世の男性にとって、妻の行動ほど分かりにくいものは無いと言えるのではないでしょうか?

男性と違って、妻が浮気をする場合と言うのは、入念にアリバイを作って行動する人が多いです。
仕事をしている女性なら、なおの事ですね。

よくあるパターンなのですが、ご主人が妻の携帯やパソコンをチェックしていて、妻が浮気をした日は分かるのです。ところが、次の予定というか、調査をいつすればいいんだろうか?というような事については、なかなか予想が出来ないのです。

私は、過去にはあまり捉われないほうが、結局調査はうまく行くと思っています。
ある程度の、過去のパターンは参考にすべきですが、次回もまったく同じ行動を取るか?と言われれば正直に言って疑問です。

調査を依頼したら、100%の確率で的中させなければならないのだ!という考えがありますと、自然に依頼は「後手」を踏むことになって悔しい思いをしなければなりません。

調査には、「当たりもハズレもある」と最初からホンの少し余裕を持って臨めば、少なくとも後手に回ると言うことは無いと思います。

あの天下のイチロー選手でも10本に7本は空振りをするのです。
もしも依頼に迷う心があるなら、少し余裕が無い証拠だと思ったらいかがでしょうか?

master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 15:57 | 浮気調査を依頼する前に
2006年 03月 24日

妻の浮気に悩んだら・・・

自分の妻が「浮気をしているかもしれない」と疑うのは、とてもしんどい事です。

本来ならば、疲れて帰ってきた我が家で誰でも探偵の真似事はしたくないものですよね?
一方で、相手が誰なのか?
妻は、本当に浮気しているんだろうか?

そのような事が心配で、夜も眠れないという人は少なくありません。

そんな時には、どんな事をすればいいのでしょうか?

○浮気をしているんだろう?と問い詰める!

□残念ながら、問い詰めて白状するような人は少ないです。問い詰めた結果、行動に注意し”尻尾”がつかめなくなるケースがほとんどです。
問い詰めるのは厳禁!

○妻の携帯を見る

□携帯電話で相当の情報をやりとりしているなら、それもいいでしょう。例えば、次のデートの約束はいつで、どこで待ち合わせをしているのか?などの情報が入手できるなら、それに越したことはありません。
しかし、”いつもの場所で”とか、”時間だけ”とか曖昧な情報も多いのです。

見てはいけない!とは、申しませんが、携帯がすべてだと思い込まないほうがいいです。
携帯情報に踊らされてしまっている人が少なくありません。

○自分で追跡する

□自分の目で確かめてみたい・・・そう思う方も少なく有りません。
しかし、失敗して妻に追跡していることがバレてしまっていると、とてもじゃないですが調査が困難になります。
成功の確信が無いなら、やめておいたほうがいいでしょう。

○日記をつける

□ぜひ、日記をつけてください。
これは、あなた様自身が受けた精神的な損害を書き記した結果となり、調停などでも使うことができます。
浮気相手に慰謝料を請求したところ、既に事実上の婚姻破綻があったところに、不倫の交際が始まったので慰謝料の支払いを拒否するというような回答をされたときに役立ちます。


master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 15:57 | 浮気調査を依頼する前に
2006年 03月 24日

今週、妻が浮気します

アマゾンレビューを参照

「質問:今週妻が浮気します。今はホテルに乗り込んで何かしらの決着をつけようと思っています。しかしそれは正しい方法でしょうか? 乗り込んでどうするのがよいのでしょうか?」――それはインターネットの匿名掲示板に寄せられた一人の夫からの悲痛な質問から始まった。国内最大級のQ&Aコミュニティサイト「OKWebコミュニティ」と「教えて!goo」でともに大きな話題を呼んだ質問投稿がついに書籍化! 

もしも、あなたの身に同じことが起こったら・・・?

妻の浮気を知るキッカケは、思いのほかたくさんありますね。

セックスを断られた・・・
携帯を肌身離さず持っている・・・
日記やメールを読んでしまった・・・

自分に何かが足らなかったのか?そう思う人も大勢いるでしょう。

そして、もう結婚生活をやっていくわけにはいかない、と考えたり、悪い男に騙されているだけなのだ、と考えます。

その答えを出すのに、とても時間がかかりますね。

浮気調査を行えば、嫌でも現実を見ることになります。ですから、調査を依頼することを躊躇する方もいます。
でも・・・事実が手元に無かったら、話し合うことも出来ません。

私は、調査をすることは「ゴール」ではないと、いつも言っています。
浮気調査を行うということは、あくまでも「スタート」にしか過ぎません。

master@private-eye.co.jp
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 15:56 | 浮気調査を依頼する前に
2006年 03月 24日

妻の浮気の事実

私は39歳の会社員です。

私の妻は浮気をしています。すでに探偵社に依頼し、証拠も押さえてもらいました。
先日、「浮気する妻」を拝見させて頂きましたが代償行為と書かれていました。確かにごもっともです。
私は仕事で今の地位を確立するまである程度妻を気遣う時間を犠牲にしてきました。
そのために妻は「代償行為」に走ったのでしょう。妻を完全否定は出来ません。ですが、結婚とは愛が大前提の「契約行為」だと私は理解しております。ある意味ではお互いの我慢の上に成り立つものではないでしょうか?
妻を過信した私が甘かったのでしょうか?「怒り」と共に「悲しみ」がこみ上げてきます。
探偵社から受け取った「妻の浮気の事実」を手に私がするべき事を考える毎日です。
何かご意見をお聞かせ下さい。

39歳の会社員さんへ

まずは、この言葉をお贈りしましょう。
「花束を贈るように、自分を贈るときは整えてから渡せ」です。
39歳会社員さんは、「花束を贈ったのに喜んでくれない」と勝手に怒っているように思います。
贈られた花束が、気に入らないのであれば喜ぶ義務はないでしょう?

妻の浮気の原因について、「妻を気遣う時間が無かった」ことを挙げられていますよね?
厳しい言い方ですが、”妻は常に「39歳会社員さん」に構って欲しいものなのだ”と思って居るなら、それがまずは間違いです。

妻には、妻の人生があり、考え方もあるわけです。
妻が、まずは自立した一人の人間であるという事を起点にしてみてください。
ありていに言うと、妻は妻の所為で浮気をしたのであって、あなたの所為で浮気をしたわけじゃないんですね。

あなたが妻に浮気をさせるほど、妻の人生に影響を与えられる存在ではないのです。


さて、人間は誰でもミスを犯すものです。
それが、今回の場合は妻にも起きただけの話です。

残念ながら、あなたが神で無い限り妻の行動を規制することはできません。
ミスは、その本人によってのみ引き起こされるものなのです。

39歳会社員さんに今出来ることは、自分が妻に振り向かれるような男性になることだけです。
あなたが言うように、妻は婚姻と言う契約内容に違反をしたかも知れません。

しかし、
「お前は、契約違反をしたんだ!えっ、この野郎!」
と怒鳴っていれば、妻はあなたへの愛を取り戻すのでしょうか?

私は、そうは思いません。
あなたが、妻とこれからも生きていきたいなら、まずはあなた自身が、
「君には、付き合っている人が居るようだけれど、俺は君にもう一度振り向いてもらいたい。」
と言えるかどうかで決まると思います。

古臭いかもしれませんが、男らしい男になるしか方法がありません。

もしも、自分のプライドの方が妻との婚姻生活よりも優先するというなら”離婚”しかありませんね。
くれぐれも、妻が謝るなら許してもいい・・・そんな考えはしないで欲しいと思います。

謝りたければ、勝手に謝ってくる・・・それが大人の女です。

ただ、せっかく探偵社に依頼をして浮気調査の結果を受け取られたようですので、
「君の事を信じることができなくて調査会社に頼んで調べたもらった。自分は、この事実を受け止めてなお君とやり直したい・・・」
というようにお話されてみてはいかがでしょうか?

浮気調査は何も離婚するときの裁判資料という意味だけで使うことはありません。
お互いに真摯に向き合うための”ツール”としてお使いになることをお勧めします。
[PR]

by yasuhiko_konishi | 2006-03-24 15:55 | 浮気調査を依頼する前に